ママ友ゼロ母日記

ママ友って本当に必要?いなくなったら気持ちが楽に

MENU

においから連想される風景、そして琴線に触れる音

スポンサーリンク

こんにちは。

 

 

今日も先日の「空想」癖に続き、私のちょっと偏った感覚のお話しです。ふ~ん、こんな人もいるんだと知っていただけたら…。

mamatomo-zero.com

 

共感して下さる方がいらしたらもっと嬉しいです♪

f:id:elevator-technician:20210615143940j:plain

 

 

 

美味しさは舌と目で味わうもの

f:id:elevator-technician:20210615144348j:plain

 

普段、食事をして美味しいと感じているのは、舌で味わう味覚だけではなく、目で見て美味しいそうと感じ取る視覚が大きく影響しているそうです。

 

視覚を遮られてしまうと、普段から食べ慣れているのですら味が分からなくなってしまうとか。懐石料理とかフレンチとはまさにそれですよね。

 

 

そう考えると、人は視覚にばかり頼って生きているように思えますが、実際はどうなのでしょう?

 

 

においと連想する風景

f:id:elevator-technician:20210615144642j:plain

 

子供の頃からにおいに敏感な子だったかなという気がします。

 

料理をにおいだけで当てるというのは、誰もがするかと思いますが、天候の変化、特に雨が降る前を当てられました。草が蒸れるようなにおいと表現した良いのでしょうか?子供のころから、

 

むわっとしたにおいがするから、もうすぐ雨が降るね。

 

なんて言っていました。その通り、雨が降ります。要は湿度が高くなるので、それをむわっとと表現していただけなのですけどね。

 

このにおいに母も理解を示してくれていたので、誰でも雨降る前はにおいで分かるものだと思っていたのですが、夫と出会い、

 

何言ってるの???

 

と言われ、初めてみんなが感じるにおいではないのねということを知りました。

 

ちなみに、娘はわかる~わかる~とものすごく理解をしてくれますが、息子は分からないそうです。

 

 

その他にも、体育館独特のにおいがあり、汗臭いのか?このにおいは不思議と卒業式と結びつきます。昭和の卒業式といえば定番曲の「カノン」が頭の中に流れてくるのです。

 

このにおいを感じると、静寂の中、ピシッと身が引き締まるあの感覚がよみがえります。同じセレモニーでも入学式ではないのですよね。しかも、本来の体育館の目的であるスポーツとは全く結びつかない。(笑)運動音痴あるあるかな?

 

 

どちらも世間的には良いにおいではないかもしれないけど、なぜか好きです。

心落ち着きます。

 

 

その他にも、

 

歩いていて金木犀の香りを感じると、子供の頃、友人と道すがら遊んで帰ってきた記憶が呼び覚まされます。懐かしさで、胸がキュンと締め付けられますよね。

 

太陽の光をたっぷり浴びた洗濯物のにおいは安心感をもたらしてくれます。これは感じられる方も多いかな。家、そして母と結びつくのでしょうね。

 

 

そう、今のご時世なので仕方ないですが、お店が念入りに消毒がされていると、スーパーだったり、家電量販店だったりするのに、病院が連想されて(今病院に自分がいるような錯覚に陥り)頭から離れず、自分は今どこにいるの?と頭が混乱することがあります。

 

 

それほど、においって人を良くも悪くもコントロールしているのですね。

 

 

 

琴線に触れる音

f:id:elevator-technician:20210615145512j:plain

 

昔から、音楽を聴くことは大好きだったのですが、残念ながら歌詞はあまり頭に残ってくれず、その旋律にぐいぐいと心を揺さぶられていました。

 

歌詞を味わうというより、むしろ旋律歌い手の声質が重要なのですよね。

 

まだ若いころは、歌詞が覚えられましたが、最近は全くダメで、旋律だけが頭に残るので、鼻歌しかできない。(涙)でも、その旋律だけで琴線に触れ、泣けます。

 

全然関係ないかもしれませんが、英語に限らず語学のリスニングがどうしても苦手でした。聞いても頭の中で文字に変換されないというか、情景が思い浮かばないというか、ただただ流れて出ていってしまう感覚なのです。中学生から大学生までずっと悩みでした。なのに、大学で語学を専攻してしまったおバカです。明るくコミュニケーション能力が高い女子とは距離を置き、文学を学ぶお嬢さまでもなく、言語学に没頭している暗いヤツでした…。そんな話は置いておいて。

 

 

 若かりし頃の話ですが、ディズニーランドに行き、パレードを見ていたら、その流れてくる音楽になぜか涙が止まらなくなり、ひとり感動していました。パレードの煌びやかさに感動したのではなく、なぜかバックミュージックに心動かされていたのですが、周りの友人にはそうは映っていなかったでしょうね。

 

 

今はもっぱら、子供の声での合唱がもうたまらなく好きです。

 

さすがに、幼稚園年少の子たちの怒鳴るよう歌声は、すまん…母は泣けないと思うのですが、年中以降の子供たちの声が揃っている合唱を聞くと、涙が止まりません。歌詞ではなく、旋律と声で泣けます。

 

昨年は中止になってしまいましたが、例年冬に小学校で行われる音楽祭の歌声にがんがん泣いている母です。我が子が出てる出てない関係なく、泣けます。中学生や高校生の歌声もなんとも美しいですよね。

 

濁りのない透き通った声は、期間限定の儚いものですが、琴線にぐっと触れますね。

 

 

だからなのか、子供の透き通った声に通じるものがあるのか、King Gnuの井口さんの声(美しく自然な裏声)にはドはまりしています。常田さんの作り上げる旋律があってこそなのですけどね。素敵すぎる~。毎日聴いています。

 

癒しの時間ですね。

 

 

 

最後に

人によって五感の使い方や感じ方、連想するもの、琴線に触れぐっとくる瞬間は違うと思います。もちろん、視覚がとても重要な要素であることに変わりはありませんが、案外、他の感覚も人それぞれ使っているのではないでしょうか。

 

私の場合、どんなに忙しくても、疲れていても、自分の感覚をくすぐるにおいや音に触れると霧が晴れたように浄化され、やがて心が上向きになってきます。

 

また、頑張ろうって思えるのです。

 

皆さんにもそんな感覚ってありませんか?

良かったらお聞かせ下さいね。

 

 

 

 本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 ポチっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村