ママ友ゼロ母日記

ママ友って本当に必要?いなくなったら気持ちが楽に

MENU

卵の白身を食べると薄毛を促進させてしまうって本当なの?

スポンサーリンク

こんにちは。



ちょっとご無沙汰していましたが、今日は美容のお話です!

 

 

あなたは、

 

卵の白身を食べると、薄毛を促進させてしまう

 

という噂を聞いたことありませんか?

 

 

ああ~私、卵かけご飯大好きなのに、すき焼きには生卵が欠かせ派なのに…それがダメなんて言われたら困る!かと言って、更年期で抜け毛が増え、生え際や頭頂部の薄毛が気になり出しているし、

 

と心の中で葛藤している方も多いのではないでしょうか。



そこで今回は、ずばり!その噂の真相についてお話ししたいと思います。その他にも、卵の有益な栄養素や、正しい卵の摂取方法などについてもご紹介しますよ。



是非、参考になさって、卵の摂り方を見直し、気になる薄毛対策に活かしてみませんか?

f:id:elevator-technician:20210630090356j:plain



 

 

卵は完全栄養食?

f:id:elevator-technician:20210630090537j:plain


よく卵は「完全栄養食」なんて言われていますよね。

 

実際に、タンパク質を筆頭に、脂質、カルシウムやマグネシウム、リン、鉄、亜鉛といったミネラル分に、葉酸やビタミンA、B群、D、Eなど様々な栄養がバランスよく含まれています。これならば、完全食と言われるのも納得です。



ただし、髪の成育にだけスポットを当ててみると、卵の中でも黄身と白身で全くの評価が分かれてしまうのです。

 

 

そう、髪を育てるのに大いに役に立ってくれるのは「黄身」だけなのです!

 

卵の黄身に含まれているビタミンB群「ビオチン」は、

 

新陳代謝を活発にし、

コラーゲンの生成を助けてくれます。(コラーゲンが不足すると、ちょとした刺激にも弱く、肌トラブルを起しやすくなりますよ。)

抗炎症作用もあり、アレルギーの原因になるヒスタミンの働きも抑えてくれるのです。

 

皮膚や神経系にとって必要な栄養素になります。

 

頭皮は肌の一部であり、髪の土台となるので、頭皮の新陳代謝を促しトラブルや炎症を抑えてくれるビオチンは、健やかな髪を成育するのに欠かせない栄養素ということになりますよね。更にビオチンは、加熱しても壊れないという特徴もあるのです。

 

*ちなみにビオチンは、卵から摂取するだけではなく、その他肉類にも含まれており、自ら腸内で細菌を合成し作り出すこともできますよ。



では、その反対に髪の成育に害になり得る「白身」については、次で詳しくご紹介します。




 

 

卵の白身が薄毛を促進させるって本当?

f:id:elevator-technician:20210630091025j:plain


卵は完全栄養食であり、更に黄身は髪の成育に重要な役割を担っていることはお分かりいただけたかと思います。



その一方で、卵の白身のタンパク質内には、「アビジン」という成分が含まれているのです。

 

この成分ビオチンと結合しやすく、しかも、一度結合すると強固な結び付きとなり、ビオチンの特性を失わせてしまいます。いわゆる「ビオチン欠乏」の状態にさせてしまうのですね。

 

すると、皮膚の炎症や神経系の障害、食欲不振を引き起こしてしまいます。髪に特化してお話しするなら、頭皮が炎症を起こしやすくなるため、脱毛や白髪が増えてしまうわけですね。

 

 

これが、卵の白身を食べると薄毛を促進させてしまうと言われている所以なのです。

ちまたの噂は真実だったと言えますね。



ただし、このアビジンは熱に弱いという特徴があります。この点も含めて、薄毛を促進させないためには、卵をどう付き合っていくべきかを次でお話ししたい思います。

 

TVCMでお馴染みの『魔法のブラシ』です!髪の絡まりがすんなり解けるので、ダメージを最小限に抑えることができますよ。

 

卵はいつ・どのくらい食べるべき?

f:id:elevator-technician:20210630090835j:plain

 

<摂り過ぎなければ生卵もOK!>

先にお話しした通り、髪の成育に効果的な栄養素であるビオチンは、卵の黄身だけではなく、肉類からも摂取できたり、自らの腸内でも合成されます。

 

一方で、その有益なビオチンも、卵の白身に含まれるアビジンと結合すると、台無しになってしまうことがお分かりいただけたと思います。

 

ならば、卵の白身は食べない方が良いのと考えてしまいますよね。



早まらないで下さい!

 

ビオチンとアビジンのところでお話しさせていただいた通り、前者は加熱に強く、後者は熱に弱いという特徴があります。ゆで卵や目玉焼き、卵焼きのような全卵を加熱調理するものなら問題はないのです。

 

更に、ビオチン欠乏を起こすのは、相当量の白身を食べた場合に限ります。具体的には、1日あたり10個以上を長期間に渡り摂り続けような場合です。

 

普通の食生活をしている方なら、まず問題ない量ですよね。卵10個分の白身(しかも生で)なんて…かなりの物好きしか摂取しませんよね。

 

ですから、

毎朝、卵かけご飯を1杯食べるのが楽しみにな方は、髪のためにと止める必要はありませんし、もちろん、たまの楽しみのすき焼きには、是非ぜひ、生卵をお肉に存分に潜らせて召し上がって下さいね。



<卵の適切な摂取量って?>

少し話は逸れますが、卵って世代によって受け止め方が違いますよね。

 

戦後混乱期を潜り抜けてきた方にとっては、かなり貴重な栄養源として、今でも食べられるだけ食べたいなんて思いがあると思います。まさに私の80歳になる実父もその口です。

 

ただ時代が進み、食生活が豊かになると、今度は、そんな方々に食べ過ぎはダメですよ!とストップがかかりました。コレステロールの摂り過ぎになるから、1日卵は1個までと。

 

ところが時代は更に進み、その考えも古いと言われるようになってきたのです。

 

実は、食事でコレステロールを摂りすぎても、人間の肝臓はできたもので、血中コレステロールを調整してくれます

 

だから、コレステロール値だけを気にするなら、卵は無制限に食べられるということになりますね。

 

一周回って元に戻ってきた?と思われるかもしれませんが、ここにはカロリーという落とし穴が、次に待ち受けているのです。

 

卵は1個につき91キロカロリーほどあります。やはり、1食につき1個程度に留め、1日あたり換算すると、2~3個ほどにしておくのがベストなのです。



以上をまとめると、薄毛を促進させず、髪の健やかな成育を期待するなら、

 

POINT

・卵は加熱調理するか、

黄身のみにし、

1日2~3個程度に留めておく

 

のが賢明ですね。


自宅のお風呂で手軽にリフトケアができますよ!ブラシ型の美容機器『スカルプリフト』 です。

 

その他に薄毛を促進させる原因がある!

f:id:elevator-technician:20210630091206j:plain


せっかく上手に卵を摂取しても、薄毛の要因はその他にもあります。具体的には、

 

・ホルモンバランスの乱れ

・ストレス過多

・食生活の乱れ

・睡眠不足

・運動不足

・間違ったヘアケア

 

等などですね。



特に女性の薄毛の要因として、加齢によるホルモンバランスの乱れエストロゲンの減少)の影響が大きいにも関わらず、これだけは劇的にその流れを止めることは難しいのが現実です。ただその他の要因ならば、対策を取ることができますよ。



①まずは、ストレスは重大な要因になります。

趣味の時間を意識的に作ったり、バスタイムをゆっくり取ってみても良いですね。


②次に、生活習慣の見直しも重要ですよ。

高カロリー高脂肪の食事は避け、バランスよく食べるようにします。特に髪の主成分となるタンパク質と、その働きを助けてくれるビタミン・ミネラル分はしっかり摂りたいですね。

 

また髪は、夜に成育されます。成長ホルモンがきちんと分泌されるように、質の良い睡眠をしっかり取ることも大切です。

 

更に、頭皮に張り巡らされた毛細血管に乗って、髪の成育に必要な栄養素や酸素が毛根にまで送られます。運動を生活に取り入れ、全身の血流を促すことも大切ですね。


③もちろん、髪や頭皮の正しいケアも重要になりますよ。

あなたの髪や頭皮の状態に合ったシャンプーに替え、洗い方、乾かし方を今一度見直してみてはいかがでしょうか。 

 

詳しくはこちらへ。

mamatomo-zero.com

 

 

 

まとめ

「卵の白身が薄毛を促進させてしまう」ことについてお話ししてきました。

いかがでしたか?

 

卵の白身には、髪の成育に役に立つ成分である「ビオチン」(卵の黄身に含まれている)の働きを抑えてしまうアビジン」が含まれています。それゆえに、薄毛を促進させてしまうと言われるのです。やはり、噂は真実でした。

 

ただそれも、食べ方に気をつけ量を摂り過ぎなければ問題はありません!もしも、よりビオチンの効果を確実に得たいと考えるなら、

 

POINT

①必ず加熱した卵を食べる(ゆで卵、卵焼き、目玉焼き等の加熱調理)か、

②または、黄身だけにし、

③量も1日2~3個に留め

 

ておけば良いのです。

 

それにより、卵の白身に含まれる「アビジン」の影響を受けず、卵の黄身に含まれる「ビオチン」の効果を得ることができ、かつ、カロリー的にも適量になります。

 

 

是非、あなたの生活に卵を上手に取り入れ、薄毛を促進させることなく、健やかな髪の成育を目指しましょう!




本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ポチっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 美容ブログ 40代女磨きへ
にほんブログ村