ママ友ゼロ母日記

ママ友って本当に必要?いなくなったら気持ちが楽に

MENU

中高生向けの弁当作りは本当に本当に大変です…

スポンサーリンク

こんにちは。

ママ友ゼロ母です。

 

 

昨日は幼稚園・保育園児のお弁当についてお話しさせていただきました。

mamatomo-zero.com

 

あれから8年経ち、ああ~あのころの娘は可愛かったなあ~と昨日のブログを綴りながら痛感しています。というのも、愚痴祭りになってしまいそうですが、中高生のお弁当作りは本当に本当にしんどいです。(泣)

 

まず何より、食べる量が増えた!

次に、より一層お口が達者になり、要求が増えた!

最後に、衛生管理が全て本人任せになった!

 

当たり前にことばかりですが、6年ぶりに娘のお弁当を毎日作るようになり、壁にぶつかりまくりです。

 

 

そんなに文句あるなら、毎日学食行け~!!!

 

と叫びたくなる衝動にかられますが、というより、実際叫び、日々けんかしておりますが…。全く大人げない。

 

 

そんな2年強の間、中高生向けのお弁当を作り続ける中で、感じたことを、見知ったことをあれこれ今日は綴ってみたいなと思っています。

すみません…。今日は愚痴とぼやき多めです…。

 

f:id:elevator-technician:20210518101137j:plain

 

 

 

中高生のお弁当の量って?

冒頭の写真、これが今日の娘のお弁当です…。色どりがほんと悪くて、恥ずかしいのですが、これには理由があるので、それは次で。

 

とりあえず、の話です。

 

 

当初、写真に写っているピンクのお弁当箱におかずとご飯を詰めていました。

 

娘:これじゃ少ない!お腹すく~。

 

とクレームがあり、ピンクのお弁当箱にはおかずのみ、その他おにぎりを2個持たせました。すると今度は、

 

娘:おにぎり多すぎて食べきれない~。

 

とまたまたクレームが…、はあ(怒)と思いつつ、

 

おかずはお弁当箱に

おにぎりは1個で

 

というスタイルで落ち着きました。これも、

 

娘:おにぎりが冷たくて固い…。

 

とか文句が出ていますが、とりあえずスルーしています。

 

 

あの可愛かった幼稚園時代なら、この2/3の大きさのお弁当箱に、おかずとご飯を入れれば良かったわけで。おかずといっても、エビフライ2本(しかも細いの)、サツマイモのレモン煮2枚、リンゴ1かけなんて程度で済んじゃってしました。

 

慣れてしまえば、それほど負担ではない量です。夕飯をほんのちょっと多めに作って、それを翌朝のお弁当にまわせば良い程度でしたからね。

 

ううん~懐かしい。

 

 

というわけにはいかないのが中高生のお弁当です。

 

 

私:じゃあ、みんなのお弁当の量はどうなの?

と娘に確認したところ、女子は同程度か、もしくは、ピンクのお弁当箱におかずもご飯も収まっている子もいるとか。

 

寒~い冬は、

 

 

 

こんなのにカレーとかシチューとか持ってきている子もいるようです。

 

娘:温かいもの食べられ羨ましい~。

 

なんて言ってますが、娘よ!あなたはカレーもシチューも好きじゃないでしょ…。 

いつもトマトスープ持っていきます?いや、それじゃおかずにならないし。

mamatomo-zero.com

 

小食の子は、この容器に「めんつゆと茹でたうどん」だけを持ってくるそうです。

それでお腹すかないのかな?と私的には疑問ですね。

 

まあでも、そんな使い方もあるようですよ。

 

 

でも、私はまだ序の口だわ~と思ったのは、男の子のお弁当量を聞いたときです。

 

ご飯だけでも大容量のお弁当箱にぎっしりで、

 

娘:この人…どこまで食べるの?

 

と恐ろしくなるほどの量だとか。恐らく1合?いや2合くらい入っているのかな。毎日、家族用の運動会弁当を作っている気分ですね。う~ん、お母さまに頭が下がります。

 

 

 

 

みんなどんなお弁当持ってきているの?

f:id:elevator-technician:20210518110549j:plain

 

 娘が中学生になり、再びお弁当作りが始まりました。まあ~作ってもらっている身でありながら文句の出ること出ること。当然、よく口げんかになり、

 

もうお弁当作りません!!!

 

宣言を何度出したか分かりません…。

 

が、悔しいことに、たまになるほどなと思えることもあるのです。

 

 

<冷凍食品と手作りのおかずどちらが良い?>

手作りの方が良いに決まってると思われる方の多いかと思います。そこにこだわる方もいらっしゃいますよね。ただ実際には、夕飯のおかずとしては美味しくても、お弁当のおかずとしてはいまいちなものがあります。

 

その代表格が、揚げ物ですね。

 

家でコロッケとかエビフライ、とんかつなんか揚げると、衣がからっとして美味しいですよね。でも、素人が作ったものは、たいがい時間経つと、べちゃべちゃになり美味しくなくなります。正直、お弁当には不向きです。

 

その点、冷凍食品の方がよっぽど時間が経っても美味しくいただけるものが多い気がします。

 

私はその事実を娘に指摘されてから、ちゅうちょなく揚げ物は冷凍食品を使うようになりました。

 

同じことが唐揚げでも言えますね。だから、冒頭の写真のとりからも、チンするだけの冷凍食品です。

 

 

幼稚園時代、娘が好きだからとポテトフライをよく入れていました。家で揚げたてを食べれば美味しいのですが、時間が経つと全然美味しくなかったそうです…。その事実を知らされたのは、娘が中学生になってからですけどね。

 

園児の娘の方が私に気を使ってくれていたのね。(笑)

 

 

是非とも、余裕がある方は、同じおかずでご自分用のお弁当を作り、子供と同じ時間帯に食べてみると良いですよ。

 

 

<脂身が多いお肉もNG>

ご想像通り、お肉の脂身は白く固まります。更に赤身部分も固くなってしまうため、焼肉のようなものはお弁当には不向きですね。冷えて固まった脂身…のどを通りませんよね。

 

蒸し立てはとっても美味しいシュウマイなんかも、豚の脂身がたくさん使われているので、同様のことが言えますね。

 

 

<結局何が良いの?>

皆さん一度は歌われたことがあると思いますが、童謡『おべんとうばこのうた』あの歌詞に世界が正解なのかもしれませんね。

 

地味な地味な子供が食べるとは到底思えないようなお弁当が出来上がってしまいますが…。肉も魚も使っていない野菜の煮物は、お弁当にはぴったりなのですよね。時間が経っても、冷たくなっても美味しいですからね。

 

だから、どんなに娘の嫌がられようが、ここぞとばかりに野菜の煮物を入れています。

こんな感じの。

f:id:elevator-technician:20210518101218j:plain

 

かぼちゃの煮物とか、さつまいものレモン煮とか。時間が経っても美味しいです♪

卵焼きも美味しいですよね。甘めのだし巻き卵とか時間が経っても、柔らかくて美味しい~。

 

やはり、先人の知恵は素晴らしいですね。

 

それに最先端技術で作られた冷凍食品を掛け合わせて、毎日10分程度でお弁当を作っています。長く作り続けるには手抜きも必要ですね。

 

 

ちなみに、和食の煮物のような先人の知恵じゃなくても、ハンバーグや肉団子、ミートボール、ミートローフのようなひき肉を使った料理は、冷めても美味しいです。意外にソーセージやウィンナーもいけますよね。

 

<皆はどんなお弁当持ってきているの?>

これも娘に聞いてみました。

 

案外、ご飯にどど~んとおかずを乗っけてもってきている子が多いとか。焼肉どっさりとか巨大ハンバーグとかかつ丼とか。衣がべちゃべちゃでも、脂身が冷えて固まっても気にしない子もいるみたいですね。お腹いっぱ食べたい~。がっつり肉と、大量のご飯だぜ!みたいな。

 

逆に、ひたすらパスタだけ、うどんだけ、焼きそばだけなんて子もいるみたいです。

こんな感じ…?

f:id:elevator-technician:20210518101203j:plain

 

 

お腹が空かないのかな???

 

 

 

お弁当の衛生管理ってどうしてるの?

f:id:elevator-technician:20210518110759j:plain


 ここが幼稚園、保育園とは大きな違いですよね。

 

お弁当を持ってくるのも(学食だったり、通学途中で買ってくるという手もあるので)、それら持ってきた食品を管理するのも、全て生徒個人の責任になります。

 

 

<まずは保冷バッグを購入>

入学してから1か月経たないうちに、夏日がやってきますよね。

というわけで、すぐにこれを用意しました!

 

 

 

 

道行く高校を見ても、男女問わずよくこの手のバッグを持っているのを見かけます。みんなお弁当持参なのね~と分かるようになりました。

 

特に暑くなる季節は、

 

①保冷剤を2~3個用意し、

②①をそれぞれキッチンペーパーで包み

③②をお弁当箱の上に置き、

④その上から、大判のハンカチで包んで、

⑤保冷バックに入れています。

 

これで、昨年の夏場(年初のコロナ休校で、夏休みが1/3の期間となり、猛暑の中の登校だったので)をしのぎました。

 

 

<お弁当におかずを詰める際の注意としては>

昨日お話しさせていただいた通り、

 

生ものや汁気の多いおかずを避けるのはもちろん、

 

①おかずはなるべく冷めてから詰める。

②弁当箱に詰めてから家を出る直前までは、網の上に乗せておく。

*冒頭の写真の感じです。直に机に置いておくより、網の上の方がより早く冷めるそうです。

 

あと、混ぜご飯って冷めても美味しいので、お弁当に入れたくなりますが、夏場は止めた方が良いですよ。腐りやすいです。

ちょっと気持ちの悪い話ですみません…。私が高校生時代、お弁当箱を開け、混ぜご飯をはしですくったら、糸を引いていたことがありました。腐りやすいのは事実ですね。



自己責任なので、念には念を入れた方が良いですね。

便利なものありますよ。

 

 

 
 
 

まとめ

110㎝程度の幼児から、大人の体格に成長したのですから、中高生のお弁当量が増えるのは当たり前ですよね。口も達者になるのですから、文句も増えます。

 

とはいえ、作ってもらっている感謝はしてもらいたいところですね。

 

先生に観察されていた園児時代とは違い、ある意味、中高生のお弁当は自由です。

栄養の偏りとか、色味がどうとか、見た目の美しさとか、冷凍食品への罪悪感など感じる必要は全くありません。

 

食べる当人が美味しいと感じて、お腹を満たすことができればオッケーなのかもしれませんね。ただ、管理責任も本人任せになるので、ご注意を!

 

 

我が家は、娘にお弁当を作ってやれるのも4年を切りました。けんかしつつも、ぼちぼち楽しくお弁当を作っていきたいと思います。

 

是非ぜひ、冷めても美味しいおかずがありましたら、皆様教えて下さい。

宜しくお願いします。

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

ポチっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村