ママ友ゼロ母日記

ママ友って本当に必要?いなくなったら気持ちが楽に

MENU

【名古屋・高2生が起こした事件】について親目線で考えてみました

スポンサーリンク

こんにちは。

いつも⭐やブックマーク、温かいコメントを下さる皆さま、ありがとうございます!

励みになります。

 

 

このような社会的事件を普通のおばちゃんがブログに取り上げ、意見を述べて良いのか分かりませんが、思うところを綴ってみたいと思います。

*念入りにネット等で下調べをしているわけではなく(そもそもそれらの情報もデマがたくさん紛れ込んでいると思いますが…)、テレビで報道されている程度の情報しか知りません。

f:id:elevator-technician:20220117162052j:plain

私には中学3年生の娘がいます。

 

通っている学校が中高一貫校なので、この時期は高3生の緊張感や先生方の落ち着かない騒然として雰囲気を毎年感じているようですね。私自身も共通テストは他人事ではない気がします。

 

 

そんな中で聞いたこの事件。正直、

 

 

何てことしたんだよ!!!

 

 

と強い憤りを感じてしまいました。

 

 

私自身は私大文系を目指していたので、共通テスト(当時はセンター試験)は試験慣らし程度でした。通っていた高校の方針で、推薦で既に大学が決まっている子以外は全員センターを受けることとなっていたので、仕方なく受けたという記憶しかありません。

 

全く緊張もしなかったし、自分は何点取ったか、どの程度取れたかすら覚えていないほどです。

 

 

そんな程度の認識だった私ですが、結婚して夫の仕事の都合で地方住まいが決定し、そこで子育てをし、学校に通わせていると…共通テストは大学入試で非常に非常に重要であることを改めて知ることとなりました。今は私大でも共通テストで合否判定する入試方法もありますしね。

 

 

国公立に進学する!!!

 

 

これがステータスなのですよね。同時にこの共通テスト2日間がいかに大切なのかを知ることとなりました。

 

この日のために(特にここ2年はコロナ禍で)親子で体調に細心の注意を払い、精神を整え、当日を迎えていることか。

はてなブログではありませんが、受験ブログで有名なアメブロの「二浪日記」さんに寄せられている保護者の方々の切実なメッセージを読むとよく分かります。本当に大学受験は親子でやる時代で、大変なんだと。

 

 

だからこそ、

刃物で傷つけられた受験生(もちろん70代男性もお気の毒です)は、傷が治ったところで再試に挑めるのか?気持ちを立て直すことができるのか?これまでの努力がふいになってしまいかねないような大事件なのですよね。

 

そして、

傷を負うことがなかったとしても、その現場を見てしまった受験生、救急車やパトカーのサイレンが鳴り響く状況、異様な雰囲気、それだけでもう受験どころのではなかった子たちもいたのではないでしょうか。

 

声を上げることはできないけれど、せっかくこの日のために気持ちを整えてきたのに、一瞬で台無しにされてしまった子もいたことでしょう。

 

 

切ない…。

 

 

大人の中にはそんな程度で心揺らぐ奴は…なんて平気で言う人がいますが、大問題ですよね。

 

 

私も、このような大事件に遭遇したわけではありませんし、比にもならない程度のことですが…静かな試験場で、偶然真後ろの席の男子生徒の動作音(鉛筆やら筆箱をガサゴソしたり、いちいちうるさい)が激しかったそれだけで、第1志望の大学の入試中、心が乱れ、狂わされてしまった苦い思い出があります。

夫にその話をしたら、「たったそれだけで乱された君はバカか」くらいに言われましたが…。

 

 

 

 

段々と時間が経ち、事件に関する情報が増えてくると、加害者とその親のことが気になり出してきました。

 

 

犯行理由が、

 

 

東大理3を志望しているが、成績が伸び悩んでいた。

 

 

と。

 

 

それを聞いた瞬間、何て身勝手な理由と思う一方で、ああ~かなりできる集団(高校)の中に身を置いている、端から見れがよくお勉強のできる子だったのだろうなあとも感じたのです。

全国区でトップクラスの子たちが集まる高校でないと、東大理3はまずまず志望しないですからね。

 

 

だから東大を狙ったのか。この日の重要性を理解していたからこそ、共通テストの1日目を狙ったのか。

 

 

知れば知るほど、悪質すぎと思ってしまいますが。

 

 

一方で、この少年だけを責めていいのかな?とも。

 

 

 

 

ここからは感情的ではなく、冷静に親目線で考えてみますね。

 

 

今回一番親として感じたのは、子に過剰に期待をしていなかったかということですよね。

 

 

医師免許を取得し、医師をとして働くことを目標としているなら、東大理3や名古屋大医学部に絞る必要はありません。

 

世間的には地味な国公立大でも医学部医学科で6年間しっかり勉強し、国家試験に合格すれば医師として働くことができます。

 

ならば、東大理3を目指す目的はなんだったの?

 

 

超進学校に通っているという本人のプライド?

周りへのライバル心?

親の見栄や世間体?

 

 

本人のプライドだったとしても、子どものころから親が誘導していなかったか?

周りへのライバル心は親や学校が煽っていなかったか?

 

 

思った以上に、子どもは親の影響を受けますよね。

 

結婚して自分に子供ができて、育てていくうちに、ようやく親からの呪縛が解けることもありますが、それでもなお引きずり続ける人もいます。自分が受けた教育をそのまま子に施すみたいなね。

 

それほど、幼少期から植え付けられた価値観は強烈です。のちのちまで人に影響します。

 

まあ~もちろん、親から人間味あふれる素敵な教育をされたなら、そのまま子に伝えればいいし、育てていくうちに親の偉大さがより理解できるであろうと思われますが。

 

 

ふと、かつて東大生が起こしたおぞましい事件が蘇ってきました。

 

集団で女子大生に暴行まがいのわいせつを行った事件。あのときに、主犯格の男子学生が「東大に行けないような奴は人間ではない」というようなニュアンスで発言しているのを聞いてぞっとして記憶があります。間違いなく、幼少期から親(や先生)が教え込んだものですよね。

 

東大に行け!

東大に行けないような奴はクズだ!

おまえもクズになりたくなければ勉強しろ!

 

と。めでたく東大に受かりはしたものの、その教えがひん曲がって彼の心に浸透し、目の前にいる女子大に通っているような女は、俺と同等の人間ではなない。だから、何をしていいのだと勘違いさせてしまったのですよね。

 

親の洗脳って恐ろしすぎます。

 

 

少し話しが脱線してしまいましたが、今回に事件の加害者の高校生にも同様の狭く偏った見識を感じたのです。

 

 

東大理3に行けない自分はダメだ。

生きていく価値がないと。

 

 

もっと広い世界から見れば、そんなこと全くないのですが。それが彼には分からず、自分をどんどん追いつめていき、ありえない犯行に走られてしまったのかもしれません。

 

 

本来彼には、言うまでもなくまだ受験まで時間もあったはずです。

 

先にお話しした通り医師になりたいなら他にも大学はたくさんあります。もちろん、医師以外の道もたくさんあるし、東大や名古屋大だけが大学でもありません。

 

可能性はたくさんあったのに…。

 

 

ものすごく狭い世界の中で絶望し、取り返したのつかないような事件を起こしてしまった。そんな気がしてならないのです。

 

 

と考えると、この少年だけの責任ではなく、親をはじめ、彼に関わった大人にも責任あるように思えてなりません。

 

 

彼が通っている学校側はいち早くその点に触れて、文章を出していましたね。うちに学校の教育のせいではないと。コロナ禍が彼を孤立させる原因になってしまったと。

 

 

親御さんのことも、彼が通っている高校のことも分からないので、全然関係ない第三者である私が意見するのはお角違いでしょうけど。これだけは、

 

 

まずコロナ禍は関係ありませんよ!

 

中高校生にもなれば、子はたくましいです。マスクを着けてても、黙食でも、各机を離されても、必要があれば友達とコミュニケーションを取りにいきます。

 

与えられた条件の中で彼らは楽しんでいますよ。

確かに、一昨年3~6月までの休校期間は孤立でした。学校に行ってないのですからね。その絶望感は忘れられませんが。

 

学校が再開してからは、この状況下でもコミュニケーションを取り、それなりに学校生活を楽しんでいます。親から見てもたくましいです。

 

 

コロナのせいにして、安易に片付けてほしくないなと思いました。

 

 

もしも、彼がお勉強はできるけど、周りとコミュニケーションを取る能力に生まれつき問題があるのなら、大人が気付いてフォローしてやらないといえませんしね。

 

 

この事件の解決法や、彼の今後の更生については私には分かりません。親御さんや周りの大人たちが真摯に彼と向き合ってくれることを願うばかりです。

 

 

 

ただいち親として、この事件から考えるなら、自分の狭い価値観や見識で子を枠にはめてはいけない。何が最良か常に考え続けないといけないし、適宜アップデートしていかないといけないなと。

 

子の夢を応援するのは良いけど、追い込んではいけない。

 

何より子の話をしっかり聞き、彼らが何を求めているのか、何に苦しんでいるのか、知る努力をしないといけない。

 

忙しいからといって放置や無理解になっていないか…もう一度胸に手を当てて考え、心を入れ替えないとなと痛感しました。

 

やっぱり、親って大変ですね。責任重大です。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

ポチっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!