ママ友ゼロ母日記

ママ友って本当に必要?いなくなったら気持ちが楽に

MENU

断乳・卒乳したら自分のため家族のために迷わず母乳外来に行きましょう!

スポンサーリンク

こんにちは。

ママ友ゼロ母です。

 

 先日、悩み迷った断乳と卒乳両方の経験談をお話しさせていただきました。

mamatomo-zero.com

 

 

ママが納得されているなら、いずれの選択をしたにせよ、正解だと今は思っています。

ただそれと同時に、授乳というおっぱいのお役目は終了しますよね。

 

そんなときに迷うのが

 

断乳、または卒乳後、母乳外来に行く必要ってあるの?

 

ということではないでしょうか。

 

実は、私は第1子の断乳後にトラブルに見舞われてしまった一人です…。

そこで今回は、そのトラブルと、その後、第2子のときにどう対処したのかご紹介できればと思います。

 

 

毎日の育児で忙しく、ママによっては復職とお子さんの保育園入園目前でとっても大変な時期かと思いますが、思うけど…、自分の経験から、お子さんの体調だけではなく、自分の体にも目を向けて欲しいと切に願っています。

 

f:id:elevator-technician:20210406111934j:plain

 

 

 

 

 

 

娘の断乳後のおっぱい 

 

第1子・娘のときのお話です。

 

育児全てに迷いがあり、紆余曲折しながら何とか完全断乳ができたのが、1才7カ月でした。

 

ただ、一気に止める自信がなかったので、徐々に授乳回数を減らしていく方法を採りました。

 

最後の2カ月は、夜の寝かしつけのために1日1回の授乳となり、その後の断乳だったので、おっぱいは張らないだろうと勝手に思っていたのです。

 

ところが、断乳後の最初の1週間は違和感があるほど腫れがあり、抱っこしても痛いくらいでした。だんだん違和感が少なくなっていったものの、腫れや痛み、違和感を感じなくなるまでに1カ月ほどかかってしまいました。

 

 

当時知識がなく、とにかくほっておくのが一番なんだと思い込み、そのまま放置していたのです。

 

断乳直後は、お風呂に入り温まると痛みが和らぎ、しばらくすると違和感がぶりかえしを繰り返していました。その痛みや違和感、腫れも徐々に引いてきたので、大丈夫かなと自己判断し、そのままにしていました。

 

これがいけなかった…。

 

 

衝撃のマンモグラフィ検査結果

 

それから1年後、心配性の夫の勧めもあり、マンモグラフィー検査を受けました。もちろん、何も問題ないと思い込んでましたよ。

 

 

結果は、Cランク要経過監察でした。

 

 

石灰化したものが見えると。ただ5ミリ以下なので、要経過監察となりました。今まで大病もなく、検診に一度も引っ掛かったことがなかったので、例えようもない衝撃を受けましたのを覚えています。当時私は、まだ30代前半でしたからね。

 

なんとそのまま、3年間要経過監察が続いてしまったのです。

 

 

断乳後の母乳外来の必要性を知って

 

娘が幼稚園に入園し、先輩ママさんたちから話を聞いて初めて知りました。

 

断乳後は、母乳外来に行くということを。

 

 

最後はきちんと残った母乳を出し切らないと、おっぱいに悪いよ~。

 

と聞き、ああ~これが私のおっぱいの石灰化の原因の一つだったのかと、えらく納得した記憶があります。

*これは、要因の一つに過ぎませんよ!他にも石灰化の原因はあります。自己判断せず、おっぱいに違和感を感じたり、検査をして結果に疑問を感じたら、必ず、専門医の診断を仰いで下さいね。

 

 

二人目を考えて産婦人科に相談

 

二人目の妊娠を考えて、馴染みの産婦人科の先生に相談き、3年に及ぶ経過監察の知らせの紙を見せたところ、

 

 

大丈夫!次の妊娠には問題ないよ

これは、乳腺炎が放置され石灰化したものだね。

 

 

と言われ、ああ~そうだったのかと。

 

この乳腺炎は、授乳中のことだったのかもしれないけれど、断乳後に何もせずに放置したことも関係した可能性も十分ある

 

と。

 

今となってはどちらとも確定できませんが、とりあえず

 

断乳後は母乳外来にきちんと行って、処置しておくべきだった!

 

と大後悔しました。

 

 

息子の卒乳後のおっぱい

 

娘のときのことを教訓とした二人目は、色々考えて、ゆっくりペースで卒乳という形を取りました。

 

授乳中も馴染みの産婦人科の先生のところに通い、定期的におっぱいをエコーで診てもらってました。

*授乳中(おっぱいを止めて半年以内も同様です。)は、乳腺が発達し過ぎて、マンモグラフィーはできないので、唯一できる検査がエコーだけです!

 

 

卒乳まで2年2カ月かかったことと、娘のときと同じく昼間の授乳、夜中の授乳と徐々に回数を減らしていき、最後はお昼寝前と寝かしつけの1日2回になっていたため、卒乳後のおっぱいの張りは、娘のときよりは少なかったですね。

 

でも、このときの私は、もう全く張らないだろうと思ってたくらいなので、張ること自体に驚きでした。

 

 

卒乳が確定してから、お産した病院に連絡を取り、ケアについて電話で確認を取ったところ、

 

 

 

1週間何もしないで、そのまま来て下さい!

 

 

と、助産師さんから言われました。

 

張る乳が正直痛いんですけど…と思いつつ、ぐっと我慢し、約束の1週後に母乳外来に行きました。

 

 

泣く息子をパパに預け、私一人で診察室に入り、助産師さんに経過を話したところ、

 

 

よく2年2カ月もの間、頑張りましたね!

お疲れ様。

 

 

と微笑み、頭を下げて言われたのです。信じられない神対応~。

 

掛けてもらった言葉にとても胸を打たれて感動し、一方でああ~本当に幸せ授乳時間が終わったんだと実感し、その場で号泣してしまいました。

 

 

私が落ち着いたのを見計らって、触診が行われ、今後のおっぱいケアについて話をされて、診察は終了しました。

 

 

人により、ケアは違います!

 

助産師さんいわく、私は張りがかなり少ない部類だったそうです。そりゃあ~卒乳まで待ち、ゆっくりと終わりを迎えたので当たり前と言えば当たり前ですが…、教えていただいた自己ケアのみで張りは落ち着きました。

 

基本は、「ある一定期間おっぱいを触らず(刺激しないで)放置し、お風呂で一気に搾乳する」を繰り返します。どんどん放置期間を延ばしていき、母乳が出なくなったら、自己ケアは終了ですね。

*ママの元々の体質やおっぱおいの状況により、お勧めされる自己ケアの方法も、その放置期間や終了時期も違いますので、必ず、かかった助産師さんからお話しされた方法で行って下さいね。

また、違和感があれば、再診をお勧めします。人によっては、何度か通院が必要な場合もあるようです。

 

 

まとめ

 

やはり自分の経験から、

 

断乳にしろ、卒乳にしろ、必ず母乳外来に行くことを私はお勧めします!

(もちろん、完母、混合どちらの場合だったとしてもです。)

 

張りの多少にかかわらず、その人に合ったケアは必要です!

 

そのためにも、専門家(助産師さんや産婦人科の先生)に診てもらい、話を聞くべきと考えています。

 

私は、息子のときに母乳外来に行ったことで、最後全くお乳がでなくなるとこまで自分で確認し、安心できました。いつでも、具合が悪ければ、専門家に相談できるという心強さもありましたしね。

 

忙しいのは分かります!

 

でも、ママの体は自分だけのものではありません。家族みんなにとっても大切な体です。最後までケアをしてやって下さいね。

 

 

ちなみに、その後マンモグラフィーとエコー検査を併用してますが、今のところ順調で、ホッとしてます。

くれぐれもおっぱいの検査はお忘れなく。特に40代からは必須ですよ!

 

 

今までの母乳に関する記事はこちらへ。 

mamatomo-zero.com

 

mamatomo-zero.com

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。