ママ友ゼロ母日記

ママ友って本当に必要?いなくなったら気持ちが楽に

MENU

特性つよめの小4息子が【標準学力調査】を受けた結果は?過去から振返り中学受験を考える

スポンサーリンク

こんにちは。竹みかです。

 

 

特性つよめで、相変わらず、脳内宇宙人のような我が家の息子ですが……小3に続き、小4になった今年度も【標準学力調査】を小学校で受けてきました。

 

 

昨年度は、学校の既習分野のカラーテストしが受けたことがなかった状態で、初見の問題を解く【標準学力調査】を受けたので、戸惑いも見られました

今回は、スムーズに受けられたようです。

が、やはり、弱点が見えてきました。

 

 

小1から公文(算数と英語のみ)通っているだけで、中学受験向けの塾や、高校受験を見据えて今から準備する塾などに通っていない、極普通の学習歴の男子の記録になります。

 

・標準学力調査の出題範囲等

・今年度の標準学力調査の結果から見えてきた弱点

・過去を振返り中学受験について考える

 

について綴っていきたいと思います。

 

昨年度の小3のときに【標準学力調査】を受けた記録はこちらへ。

mamatomo-zero.com

 

 

決してドラえもんの出木杉君のような優等生ではないけれど、勉強全般に興味がないのび太君でもない、そんな凸凹能力のお子さんを持ちの親御さんって結構いらっしゃるのではと思います。

ご興味のある方は最後までおつきあいいただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

【標準学力調査】の目的と出題範囲

このテストが行われる目的や対象学年等については、昨年書いたブログと同じ内容になっています。

もうご存知の方は、読み飛ばしてくださいね。

 

 

<【標準学力調査】が行われる目的>

このテストは、文科省が全国学力調査のために行うのではなく、市独自のものです。

 

問題も解答用紙も返却されず、結果のみ本人に返却されます。その結果も、問題の分野ごとに本人の正答率と、市が期待する目標値が記載されているだけです。

 

一般的な模試のように、どの問題をどのように間違えたか分からず、見直しもできません。

 

正答率の悪かった分野については、フォローアップシートといって、QRコードを読み取ると類似問題を解くことができます。

もう少しグレードアップしたチャレンジ問題も解くこともできるようになっています。

 

 

基本的には、市が学校ごとの学力を把握し、今後先生方の指導に活かしてもらおう!というのが狙いのテストのようですね。

 

 

<【標準学力調査】の対象学年と教科>

小3~6までが対象となります。

 

3~4年生までは、国語と算数のみで、

5~6年生にかけては、その2教科プラス、理科、社会になります。

 

 

<【標準学力調査】小4の問題内容>
国語

①話し合いの内容を聞き取る

②漢字を読む

③漢字を書く

④言葉の学習

⑤物語の内容を読み取る

⑥説明文の内容を読み取る

⑦地図をもとに道案内をする

⑧文章を書く

 

算数

①億と兆・概数の表し方

②割り算

③少数

④計算のきまり

⑤垂直・平行と四角形

⑥角の大きさ

⑦簡単な場合についての割合

⑧折れ線グラフ

 

 

国語の⑦は、初めて見る形式の問題だったようです。

あとは昨年度と出題内容は変わりません。

ちょっとだけ、小3から小4に難易度がグレードアップしたくらいでしょうか。

 

算数も小4で習った範囲ですね。

ごく当たり前の内容ばかりだったようです。

 

 

 

息子の【標準学力調査】の結果から見えてきた弱点

2回目の【標準学力調査】ですので、緊張感はなかったようです。

その分、思いっきり弱点が浮かび上がってきた感じですね。

 

 

<【標準学力調査】国語の結果>

息子の全体の正答率は80.8%で、基礎問題は88.9%、応用問題は62.5%という結果でした。

それぞれ目標値が66.7%、71.4%、56.3%となっており、応用以外はまずまずといった感じでしょうか。

 

 

落としていたのは、

 

③漢字を書く

⑤物語の内容を読み取る

⑦地図をもとに道案内をする

 

の項目でした。

 

 

「③漢字を書く」の項目は、またか……という感じです。

昨年もかなり落としていました。

本や図鑑、もらってきたパンフレット、何なら食卓に置いてあるソースやドレッシングの細かい表示の隅々まで読んでしまう息子は、漢字を読むのはお手の物です。

 

なのに、漢字が書けません

普段の学校のテストもいまいち感が漂っています。

壊滅的ではないけど。

本人も自覚しているのですが、「覚えられない!!!」と訴えてきます。

 

私的には、こんなの学校でドリルに練習し、宿題でノートに何度か書けば、興味あるなし関係なく、自然と覚えられるでしょと思うのですけどね。

実際に苦労した記憶は全くありませんし、現在、高1の娘も苦労していた様子を見たことがありません。

 

なぜ、覚えられないのか?

なぜ、彼の頭に記憶として残らないのか?

 

どうしても、理解してやることができません。

 

記憶に残らないなら、もっともっと人一倍練習を重ねないといけないのでしょうけど、本人が全くやる気がないので、私もどうすべきか悩んでいるところです。

 

 

更に、昨年はよく解答できていた「⑤の物語文の読解」ですが、今年はあまりできがよくありませんでした。

これは、「でしょうね」という思いがなくもないのですが。

普段から場の空気を読むのが苦手な息子が、物語文を読み、心情を読み取るのは難しいですよね。

 

この物語文の読解は、説明文や論説文などと違い正解が分かりにくく、これからテスト(大学入試共通テストも含めて)問題として扱われる頻度が下がっていくそうです。

様子見にします。

 

 

最後の「⑦の地図をもとに……」ところですが、これが大問題で。

全く問題文の意味が分からなかったらしく、0点だったのです。

困りましたね。

 

公立中高一貫校の入試問題では、この手のがよく出題される予感がするので、意味が分からないとなると壊滅的です。

類似問題を何度も解いて、訓練を積むしかなさそうですね。

 

 

思いっきり彼の特性が出まくり、弱点があらわになった結果となってしまいました。

 

・興味が沸かない分野のことは記憶できない。

・心情が読めない。

・展開の先読みや、出題者の意図をくむんだりできない。

 

10年、彼を育ててきて、段々と気になってきていたことが顕著に表れた感じで、かなりショックな結果でした。

 

 

<【標準学力調査】算数の結果>

息子の全体の正答率が97.1%、基礎問題は95.8%、応用問題は100%でした。

それぞれ目標値は、64.6%、69.5%、55.9%です。

こちらはよくできていたと思います。

 

 

唯一つまずいていたのが、「④の計算のきまり」でした。

この分野も、少々ひらめきが必要なのでね。

小学校でやる範囲なので、ある程度反復すればできるようにはなるかと思います。

 

強化すべき分野ですね。

 

 

小学校の授業で苦戦していた、「①の概数の表し方」は全問正解できていたので、ホッとしました。

何度か学校で繰り返し、家でも自主勉ノートで繰り返したので、ようやく定着したかなという感じです。

 

 

算数は、全般的に公文で先取り学習をしている成果が出たようですね。

 

 

 

息子の過去を振返り中学受験を考える

息子については、何度かこのブログで綴っているので、ダブっている部分もかなりあるかと思います。

 

過去を振返ることで、私の頭の中を整理し、次に続く中学のことを考えたいので、備忘録を兼ねて、かなり長い章になっています。

適度に読み飛ばしていただけたら幸いです。

 

 

<乳幼児期は感覚過敏だった>

1歳ごろから、聴覚過敏だったようで、児童館等の子どもが集まる施設は全く入ることができませんでした。

ショッピングモールにも長居できず、屋外にある遊園地すらダメでした。

 

不特定多数の子どものワーという声が重なり合うとどうにも苦痛を感じるようです。

幼稚園に通い出してから、だいぶ慣れたようですが、小4の今でもうるさいと耳をふさいで怒っていることがあります。

 

というわけで、幼稚園のプレには全く参加できませんでした。

いつも園庭の隅っこで、息子と2人、皆の遊んでいる姿を見ていただけです。

しかも、言葉の発達もかなり遅くトイレトレなど全く進んでいない状態でした。

 

そのとき、もしかしたら、この子は何かしら障害を抱えているのかもしれないから、私が一生かけて守らないといけないのかもしれないと思っていました。

今でも、そんな迷いがふと表れては消えていきを繰り返しています。

 

幸いにも、幼稚園は歴史が古く、小規模で、かなり目の行き届いた園だったので、息子をすんなり受け入れてくだり、年少のときにはベテラン先生を補助につけてくださったので、安心して通うことができました。

徐々に社会性を身につけた感じですね。

 

入園後から言葉も一気に出て、皆の見よう見真似で、トイレトレも一気に進みました。

 

その後、年中でも年長でも、周りの子たちに「○○くんは早生まれさんだから」と何でも大目に見てもらえてた感じで。

ありがたかったです。

本当に伸び伸びと育てていただきました。

感謝しかありません。

 

ちなみに、こんな状態だったので、文字や数字の勉強は全く自宅ではしていませんでした。

幼稚園でも、「本人が興味があるなら良いですが、無理して先取りをする必要はない。そんなことをすると、勉強嫌いな子になってしまうから。」という方針だったのです。

 

親としては完全放置だったのですが、息子は、年長くらいから異常に文字やマークに執着があり、平仮名もカタカナも一部の漢字やローマ字まで読めている状態でした。

ところが、書くことには全く興味なし

数字も10まで数えられる程度でした。

 

 

<小1でいじめにあっていた>

完全ぬるま湯で育った息子は、自由奔放なまま小学校に入学。

(人を傷つけたくて言っているわけでは全くありません)空気を読まない言動のせいなのか?理由は定かではありませんが、小1のころはいじめられていました。

先生にもお話ししましたが、適当にスルーされてしまいました。

 

入学から1カ月後、近所の公文に入るのですが(夫の強い希望で)。

ここでも、

 

「小学生にもなって、足し算も引き算も知らないなんて……」

 

と先生から呆れられました。

幼稚園や保育園時代から、先取りするのが当たり前と言わんばかりに。

 

というわけで、親子ともども厳しい公文の先生に怒られながら、何度も何度も何度も何カ月にわたって同じプリントを繰り返しさせられていたのです。

にもかかわらず、なかなか計算スピードが上がらず、しかも、同じ個所ではなく、いつも違うところで間違えてしまっていました。

親子で悲しのどん底でした。

 

ここでも、何か学習障害があるのかもしれないと、必死でネット検索していたことを思い出します。

 

更に追い打ちをかけるように、小学校の算数でも、計算カード(1桁+1桁とか、1桁-1桁とかの計算が単語帳のように綴りになっているやつですね)を一通りやってくるという宿題が出されるようになり。

これがこれが全く進まず、30分経っても1巡もできず、泣いて泣いての繰り返しで、私自身ももうこの子には無理だと思い、この宿題をさせることを諦めました。

 

このような単純な計算の場合、ほとんどの子は、きっと数回繰り返せば、小1程度の柔らかい頭なら記憶してしまうものなのですよね。

実際に娘は何の問題もありませんでしたし、私も苦戦した記憶が全くありません。

 

息子に限っては、恐らく小3の途中くらいまで記憶できず、ずっと指を使って計算していました。

公文もまた大苦戦しながらも、小3くらいからでしょうか?少しずつ進むようになっていきましたね。

 

 

数年単位で見てみると、数字の概念を理解し、計算もできるようになり、単純な足し算、引き算、九九も暗記して使えるようになり、掛け算も割り算もできるようになりました。

小4の今は、小学生範囲の算数は卒業し、中学生範囲に入っています。

ようやく普通の子の進度に追いついてきた感じです。

 

時間はかかるけど、できるにはできる

 

漢字も、普通はこれくらいで覚えられるでしょという期間よりは、時間がかかるかもしれないけど、覚えられるには覚えられる。

たまに忘れるけど……

 

 

<凸の分野もあった>

一方で、興味があることはとことん深追いします

 

1歳のころ、自動ドアに異常に執着することからはじまり、室外機、エレベーター、建物構造などなど興味を示し、ものの仕組みや現象、原理関係の図鑑はずらりと揃っています。

理科分野に興味があるので、姉が放置している小学校高学年の教科書はもちろんのこと、中学理科の教科書、補助教材、参考書等々を読みふけっています。

 

私や夫にコンコンと得た知識を聞かせてくれます。

私は全く興味がないけれど……

 

 

絵画や工作にも興味があり、放課後は宿題そっちのけで、細かい絵を描いたり、ずっと段ボールでミニチュア版のもの(建物やら家電やら家具やら小物やら……)を作ったりしています。

今は仕方なし、自分の決めた時間になったら宿題(学校と公文の両方)をやるようになっていますけどね。

 

これまた娘が放置している中学美術の教科書とかを見まくっていますね。

あと、工作の賜物なのか?算数の図形(展開図とか特に)は得意ですね。

 

 

脳内宇宙人です。(笑)

 

 

<中学受験の準備だけはしてみる>

もっと彼の凹を補うために自主的に勉強をさせるべきなのかもしれません。

将来の受験を考えれば、その方が良いのでしょう。

 

ただ、彼の興味が向かないことを勉強するために、彼の自由時間を奪い、ダラダラ勉強させ、無駄に時間と互いに労力を使いながら、結局、凹がたいして埋まらないなら。

今彼が興味あることをとことんさせることが、返って彼の将来に何かつながるのか?

 

判断しかねるところがあります。

小4にもなって、こんなふうに流暢に構えていること自体が甘いのかもしれません。

 

 

地方とはいえ、中学受験をさせるなら、小5からは塾に行く必要あります。

学校の宿題に加えてて、塾の予復習と宿題もこなさないといけません。

 

 

かといって、このペースで過ごし、学区内の中学に進学しても、今度は内申取りを頑張り、部活動をこなし、高校受験のために塾通いをしなければなりません。

全然、楽な道ではありません。

 

そもそも彼のように、空気が読めず、先回りして気を利かせることができず、全般的に真面目に高い成績を取ることが難しい子が、高校受験をまともにできる気がしません。

高校選択を間違えて、一気にやる気を失わせてしまうかもしれませんしね。

周りに影響されやすい年頃ですからね。

 

先生との相性も、好かれる先生には好かれるけど、嫌われる先生にはとことん嫌われるでしょうしね。

 

幼稚園から小4に至るまで、そんな感じでした。

真面目で優等生タイプ(ある意味、融通に利かない)先生には嫌われます。

自由で柔軟な発想の先生にはかなり好かれます。

両極端です。

 

今のところは、息子と話し合って、中学受験をする方向に進み、途中でダメだなと思ったら、方向チェンジという感じでしょうか。

 

 

特性強めで、能力や興味に凸凹のあるお子さんをお持ちの親御さんたちは、皆さんどのように考えられているのでしょうか。

お聞きしてみたいです。

 

 

最後に

今年度の【標準学力調査】も、息子の苦手分野と一応理解できている分野とが分かったので、本人とっても親にとっても役に立ちました。

参考にして、補強できる部分は自主的に補っていこうと思います。

 

 

私が十月十日お腹で育て、この世に産み落とした人間ではありますが、息子は全くの別人格です。

彼を育てながら、日々、痛烈に感じています。

 

私ができるから、彼もできるわけではないし、私ができないから、彼もできないわけでもない。

私が普通だ常識だと思っていることが、彼の中で普通でも常識でもない。

 

私は昭和の人間なので、勉強はできないことを普通に持ってくることが勉強だと思っていましたが、そんなことしても人生全然面白くないですし、自己肯定感がどんどん下がっていきますよね。

未だに私は自分が大っ嫌い。

 

自分のできないことばかり目を向け、苦手なことにばかり挑戦するのですから。

 

ならば、好きなことをとことん伸ばせば良い

 

そう思ってしまいます。

これから、AIがどんどん人間の仕事を奪っていくでしょうから、全般的に平遥にできる人間より、とんがった強みを持っている人間の方が重宝されるのかもしれません。

 

 

う~ん、子育てもまた賭けなのか。(笑)

 

 

まだまだ今の日本は、全般的に平遥にできる人間がより高偏差値の大学に受かるようなシステムなのですよね。

そして、まだまだ学歴社会は続いています。

 

 

今回の【標準学力調査】が息子の弱点とつよみを見直すよいきっかけなってのではと思います。

親子で話し合い、とりあえず、中学受験に足を突っ込んでみることになりそうですけどね。

 

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

ポチっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ

にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!