ママ友ゼロ母日記

ママ友って本当に必要?いなくなったら気持ちが楽に

MENU

赤ちゃんは母乳で育児しないとでないとダメ?こだわった先に見えた世界2

スポンサーリンク

こんにちは。
ママ友ゼロ母です。


昨日の続き、授乳のお話をさせていただければと思っています。
elevator-technician.hatenablog.com

 

初めての出産、子育てで情報が足りなく、手探り状態だった私は、通っていた産婦人科の方針にどはまりし、異常なほど母乳育児にこだわってしまいました。

 

本当はもっと自分で調べ、先輩ママたちの話を聞きくことで視野を広げ、選択肢を増やしておくべきだったなあと、今は後悔しています。

 

出産前の私は、まさか自分のおっぱいがなかなか出てくれないなんて想像するしていなかったのです。

 

実際は、なかなか出ないおっぱいに焦り、体も心も悲鳴を上げ、生まれたばかりの娘にも過酷な生活を強いてしまった気がしてなりません。


そんな反省と後悔の気持ちから後編いきたいと思います。

f:id:elevator-technician:20210316104456j:plain

 

 

3人目を完ミで育てると決めたママの話


ちょっとここで、私の話はおいておいて、 第2子を同時期に妊娠していたママのお話をしたいと思います。

 

上の2人の子は2歳違いで完母で育ててたそうです。想像を絶する大変さだったとか。生きてるだけで精一杯だったと言っていましたよ。そりゃそうですよね…。

 

ところが、これで私の育児は終わりと思っていた時に第3子の妊娠が判明。迷いはあったそうですが、生む決意をし、それと同時に考えたことは、

 

 

このお腹にいる子はみんなに育ててもらおう!

 

 

だったそうです。

 

上の子たちも大きくなってきているし、女の子姉妹なのでお手伝いも十分できるから、夫、両親、義両親、上のお姉ちゃん二人、何ならそのお友達も含めて、いっぱい抱っこして、お世話してもらおうと。


ある一定年齢以上なら、教えれば男女問わず、おむつ替え、洋服のお着換えくらいはできますからね。

 

そして、母乳ではなく、ミルクなら、誰でもあげることができるよねと。

 

だから、思い切って完ミにしよう!と決めたそうなのです。

 


なるほどねと、思わずうなってしまいました。

 

人によっては、それってママが楽したいからでしょと思われるかもしれませんが、発想の転換ですよね。

 


赤ちゃんをみんなで育てる!

 


私は素敵じゃないと思いました。

 

このママの場合は、上の子たちの育児の苦労から出た言葉かもしれないけれど、確かにミルクなら、ママでなくても誰でもあげられるから、誰でも育児に参加できますものね。

 

私の価値観がぐらっと揺らいだ瞬間でした。

 

実際私も二人目の出産を控えていて、迷いが出てきました。

 

あくまでも完母を目指すか?
最初から混合にするか?
完ミという選択肢もあるよね!

どうしよう???

 

頭を整理してみましたが、やはり、私は子供が泣いたときや寝かしつけの際に、おっぱいに頼りまくっていたので、それがなくなると自分の育児が根底から崩れる…。

 

ミルクではどう寝かしつけて良いか分からなかいという不安から、完ミは選択肢から外しました。

 

あとは成り行きに任せようと思っていたのです。

 

 

第2子が生まれて


息子は予定日よりも10日前に、すんなりと出てきてくれました。ものすごい時間をかけ、労力を費やし、道を作ってくれていた娘に感謝ですね。

 

その感謝は、母乳にも通じるものがありました。


元々スロースターターの私のおっぱいは、最初こそあまり出てくれませんでしたが、結果的には10日ほど混合で、あとは完母に移行できました。


それには、第2子ということだけではなく、その他に3つの理由があったのです。

 

①男の子なので、吸い付きがよく、最初からガンガン吸ってくれたので、乳腺の開通が早かった。

 

②病院の側の指導が変わったことですね。


とにかく吸わせて!と根性論一点張りだったのが、その根性論は影を潜め、ちょっとでもおっぱい関係でトラブルがあると、乳腺マッサージに積極的に行くように勧められました。

 

きちんと乳頭を見てもらい、適切な処置をしてもらえ、更に入院中に幾度となくマッサージをしてもらえたので、乳腺開通がほんと早かったですね。まあ、マッサージ後はおっぱいが熱く熱を持つので、なかなか眠れなくなりますが、母乳の出は驚くほど増えました。

 

③私の気負いがなくなったことですね。


もしも母乳の出が悪いなら、第1子のときのように心身を壊す前に(冷静の考えれば、心が壊れる寸前だったのではなく、あれは壊れていました。)、混合なり完ミに移行しようと気持ちを楽だったのです。


これらが結果的に、スムーズな授乳のつながりました。

 

早い段階からトラブルもほとんどなく、息子が私のおっぱいに吸い付く姿を冷静の見ることができたので、純粋に我が子が

 

可愛い~
愛おしい~

 

と毎日何度となく思うことができましたよ。これは幸せです。

 

 

母乳もミルクもどちらも正解

 

私は結果的に二人とも、生まれてしばらくは混合、その後は完母で育児をしました。

これが正解とも不正解とも言えません。

 

栄養面で言えば、前回の冒頭でお話した通り、母乳は優れています。

 

だからと言って、ミルクが優れていないわけではありません。今のミルクは、たくさんのママから母乳を提供しもらい、それを専門家が研究に研究を重ね、改良を繰り返し製品化されていますから、何も心配する必要などありません。

 

ママからの母乳を伝って与えられる免疫だって、半年から1年もすれば、どの子も切れてしまいます。正直、

 

この子はミルク育ちだから体が弱いのよ!

 

なんて話聞いたことありませんいし、母乳だから強いってわけでもありません。

 

よく話題になる赤ちゃんのうんちも、

母乳は吸収が良いからカスが残らず、回数が少なくなる=便秘になりやすい

という説と

ミルクの子の方がうんちが固くる=便秘になりやすい

という説と両方を見かけます。完全に矛盾してますよね。

 

ちなみに、娘は超便秘症で何度も病院のお世話になりましたが、息子はお腹が弱く、おしっこと同時にうんちをしていまうような子でした。たった2例だけでも、この議論は意味がないことがお分かりいただけますよね。

 

そう、世間でよく言われている、体の強さ、免疫力の強さ、うんちの具合などは、母乳やミルクの差なんてほとんどなく、個体差に過ぎないのです。その子その子の個性です!

 

 

育児の大変さだって、どちらもどちらですよね。

 

母乳はいつでもどこでもあげられますが、その分、ママの体は酷使されます。場合によっては、かなり睡眠が削られます。何となくぐずっていたり、寝かしつけには結構おっぱいは役に立ちますが、ママ以外の人に預けるのが難しくなります。

 

一方で、ミルクは哺乳瓶の消毒や外出時の持ち運びは大変です。まめな衛生管理も必要になりますよね。ただ、まとめて寝れくれれ楽だったり、ママの睡眠も確保しやすいです。ぐずりや寝かしつけはそれなりにコツが必要ですけど、ママ以外の人に預けやすい!これは最大のメリットです。保育園に0歳児から預けるなら、哺乳瓶でミルクはマストですよね。

 

母乳、ミルクそれぞれにメリット、デメリットがあるのです。

 

 

大切なのはママが笑顔になれること!

 

唯一の決め手になるとしたら、ママの健康これにつきます。

 

産後は体を休めないと回復しません。若いから、体力があるからと無理をすると、更年期で辛い目に合うとも言われています。

 

ただでさえ、産後は女性ホルモンが激減し、更年期のような症状が一時的に起こりやすくなります。睡眠を取り、体を休め、心の元気を取りも出さないといけない時期なのです。ここで無理をすると、私の第1子の時みたいに、何をしてもネガティブな感情しか起こらなくなってしまいますよ。

 

あの状態は、全くお勧めできません!

 

ちょっとしたタイミングの差で良からぬことを起こしていたかもしれませんからね。ほんのちょっと運がよく、私も娘も生き残ったのです。

 

もしどうしても、完母にこだわるなら、授乳以外の育児、家事は出来る限り他の人の手に、夫はもちろん、両親、義両親、親類、上の兄弟、保育士さん、家事の外注などにお任せして下さいね。もちろん、ミルクでも混合でも他の手を使いまくって、ママはお休みして下さいね。

 

ママの心が安定することで、おっぱいの出が変わることあります。

 

そして、助産師外来でおっぱいを診てももらうのもお勧めですよ!そこで専門家の意見を聞くだけも気持ちが変わりますからね。マッサージ効果で、おっぱいの出が変わることありますしね。

 

 

くれぐれも無理はしないで!!!

 

外野は好き勝手言うかもしれません。考えを押し付けてくる人もいるでしょう。そんな言葉は適度に聞き流して、どうかあなたと赤ちゃんが笑顔でいられる道を選んで下さいね。